『羽根と根』について

『羽根と根』は、学生短歌会の会員を中心に結成された短歌同人誌です。現在の同人は阿波野巧也、上本彩加、佐伯紺、坂井ユリ、佐々木朔、七戸雅人、服部恵典の7人。
2014年5月5日、創刊号を発行いたしました。

Twitter:@hanetonetanka
お問い合わせ:hanetone◇gmail.com(◇→@)
スポンサーサイト

第二十四回文学フリマ東京に参加します

羽根と根は2017年5月7日に開催される第二十四回文学フリマ東京に参加いたします。ブースは【F-52】です。

●頒布物

◇新刊

・『羽根と根』6号【500円】

◇既刊

・『羽根と根』5号【500円】
・『羽根と根』創刊号・2号【600円】
・『羽根と根』4号【500円】
・『羽根と根』3号【500円】(残部少)

『羽根と根』6号

⚫︎2017年5月7日発行

◇作品

坂井ユリ「種牡馬へ渡る風」
中村美智「耳をかざって」
橋爪志保「てんらんかい」
阿波野巧也「ストラップ」
今井心「夢プリン、丼で。」
佐伯紺「地続き」
牛尾今日子「訓練」
佐々木朔「探偵と天使」

◇前号評

中津昌子「親愛なる「羽根と根」の皆さまへ、という気分」
寺井龍哉「漸進せよ現代短歌の最前線」

◇寄稿者紹介

⚫︎A5版/本文40ページ/500円
編集・発行人 佐々木朔
表紙デザイン 今井心


第二十三回文学フリマ東京(2016/11/23)に参加します

羽根と根は2016年11月23日に開催される第二十三回文学フリマ東京に参加いたします。ブースは【エ-03】です。
今回は委託品が多くありますので、そちらもチェックしていただければ幸いです。

●頒布物

◇新刊

・『羽根と根』5号【500円】

◇既刊

・『羽根と根』創刊号・2号【600円】(関東初売り)
・『羽根と根』4号【500円】
・『羽根と根』3号【500円】(残部少)
・同人自選5首フリーペーパー

◇委託品
稀風社さま〉 
・『墓には言葉はなにひとつ刻まれていなかった』(新刊)
・『稀風社の貢献』【600円】
・『誰にもわからない短歌入門』【700円】

・『京大短歌』22号【600円】
→阿波野・牛尾・坂井・橋爪が参加

・『北大短歌』第四号【650円】
→今井・中村・服部が参加

・『ゐ』【300円】
→今井の短歌ミニ冊子

・『白いこぐま』【0円】
→今井が参加

★同人・ゲストの参加作品(関東初売りのみ)
ウ-34 かんざし様 『かんざし』2号
→牛尾が参加

『羽根と根』5号

⚫︎2016年11月23日発行

◇作品
今井心「希望のほうが楽しい」
中村美智「きみはファンキーモンキーベイベー」
牛尾今日子「にんにくを刻む」
橋爪志保「世界中の鳥の名前」
(以上新同人)

服部恵典「これは短歌ではない」
坂井ユリ「花器の破片が散らばるごとく」
上本彩加「「炒めるだけ!」は買わなくなった」
佐々木朔「到達」
阿波野巧也「大技」
佐伯紺「いつでも急な雨に備えて」

◇同人紹介

⚫︎A5版/本文48ページ/500円
編集・発行人 佐々木朔
プロフィール

羽根と根

Author:羽根と根
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR